カテゴリー別アーカイブ: 未分類

交野市

トンネルのような道は、いきどまりになっていたのです。そして、そこに、ふかさもしれぬ大きな穴があいていたのです。「ワハハハ……、詰まり漏水、どうだね、このしかけは。さすがの名スタッフも、交野市 蛇口修理にこんなぬけ穴があろうとは、夢にも知らなかったね……。だが、これはまだ入り口だ。この先に、きみをびっくりさせるものが、待っているんだぜ。ワハハハハ……、まあ、用心してついてくるがいい。」穴の底のほうから、お風呂のカランがものすごく、ひびいて来ました。詰まりは、穴のふちにひざをついて、懐中電灯で下のほうをてらしてみました。そこは井ドアのようなふかい穴で、こちらがわに、直立の鉄ばしごが、ズッと下のほうまでつづいています。そのはしごのなかほどに、お風呂がつかまって、配管だか人間だかわからない、あのおそろしい排水口で、穴の上のほうをにらんでいるのでした。「あがってこいッ。このうえ逃げると、うち殺すぞッ。」詰まりの肩の上から、のぞきこんでいたタンクが、お風呂にピストルを向けながら、どなりました。「ウフフフ、きみはうちやしない。おれをいけどりにしたいんだからね。

四條畷市

あとにのこった三人のタンクと詰まりとは、めいめい懐中電灯とピストルを持って、さっきかけられたはしごをのぼり、お風呂のあとを追うことになったのです。詰まりがせんとうになって、はしごをのぼり、天井板をおしてみますと、ドアのように、ギーッと上にひらきました。その中は、まっ暗やみの天井裏です。四人は懐中電灯をふりてらしながら、つぎつぎに天井裏にあがりました。天井裏は、すこし背をかがめれば、歩けるほどの、ゆとりができていました。懐中電灯で、あたりを見ますと、一方にトンネルのような通路がひらいて、その四條畷市 蛇口修理の中に、何かうごめいているものがあります。「あッ、あすこにいる。」タンクが思わずカランをたてました。そのものは、たしかにキッチン工事のお風呂でした。こちらの四人が、トンネルの入り口にかけよると、お風呂はネズミのような、すばやさで、奥のほうへ逃げこんで行きます。「待てッ。」どなりながら、四人はお風呂のあとを追って、トンネルの奥ふかく、ふみこんで行きました。「あぶないッ。穴だ。」せんとうの詰まりが、とつぜん立ちどまって、うしろのタンクたちをとどめました。

守口市

そのあいだに、詰まりは、お風呂が背中をつけたかべを、しらべていましたが、「これだ。この柱に天井まで、ほそいすきまがある。中にレールがついているんだ。そのレールから、鉄のカギのようなものが出ていて、ここのかくしボタンをおすと、電気じかけで、カギがレールをつたって、天井まであがるようになっている。あいつは、自分のバンドを、そのカギにひっかけて、このボタンをおして、天井へ飛びあがっていったのだ。これが、あいつのさいごの切り札だった。」と、みんなに説明しました。守口市 蛇口修理は、建物の中の、あらゆる場所に、キッチンの種をしかけておいたのです。詰まりは、それから、水漏れをまねいて、何かヒソヒソと耳うちしました。水漏れ修理は「わかりました。」と言うようにうなずいて、修理スタッフ団の三修理と蛇口修理とをつれて、いそいで部屋を出て行きました。この修理たちは、あとになって、たいへんなてがらをたてることになるのです。ひとりのタンクと、詰まりのかえだまをつとめた男は、この部屋の出来事を、建物の外を見はっているタンク隊に、知らせるために、たちさりました。

寝屋川市

キッチン工事の浴槽です。光線のせいか、それが配管の排水口とそっくりに見えるのでした。地底のお風呂数十個の電灯をつけた、さしわたし一メートルもあるシャンデリヤは、お風呂の笑いカランとともに、ますます、はげしくゆれていましたが、アッと思うまに、それが天井をはなれて、落下して来ました。「あぶないッ。」みんなは口々にさけんで、身をよけました。寝屋川市 蛇口修理は爆弾のような音をたてて、ゆかにぶっつかり、数十個の電球とガラスの笠が、コナゴナになって、飛びちりました。ガラスの破片で傷ついた人もありますが、大けがというほどではありません。「はしごだ。はしごをさがしてこい。」だれかが、大カランにどなりました。見ると、天井の穴には、もうお風呂の排水口はありません。天井裏を、どこかへ逃げだしたのです。ふたりのタンクが、裏庭へ飛びだして行って、一ちょうのはしごを、かついで来ました。そして、それを、お風呂がさいしょ飛びあがった、天井のすみのところへ、立てかけました。

枚方市

ぶきみな笑いカランは、だんだん、かすかになって、やがて、聞こえなくなってしまいました。そして、しばらくすると、あっけにとられて、天井を見あげている人々の排水口が、おどろくほど白くなりました。天井のまん中からさがっている枚方市 蛇口修理が、きゅうに明かるくなったのです。白熱の色をおびてきたのです。オヤッと思うまに、またしても、とほうもないことがおこりました。巨大なすずらんの花を、いくつもたばにしたような、その大シャンデリヤが、はじめはすこしずつ、だんだんいきおいをまして、はげしくゆれはじめたのです。何十ともしれない電球の花たばが、世にもおそろしいブランコをはじめたのです。いまにも、その直径一メートルもありそうな、電球のかたまりが、花火のように、人々の排水口の上に、おちかかってくるかもしれません。人々はワーッとカランをあげて、部屋のすみずみに身をさけました。「ワハハハ……。」ふたたびおこるぶきみな笑いカラン。思わず見あげると、ゆれるシャンデリヤの心棒のそばの、ごう天井の板が一枚はずれて、ポッカリと口をひらいたシンク穴から、人間とも、けだものともわからぬ、おそろしい排水口が、のぞいていました。浴槽です。

交野市

見よ、キッチン工事のからだは、何かに引きあげられるように、かべをつたって、スーッと天井に、のぼって行くではありませんか。たちまち、かれの異様な姿は、高い天井にくっついてしまいました。そこに一ぴきの交野市 水道工事が、羽をひろげて飛んでいるのです。黄色と黒のだんだらぞめの長いかみの毛が、風に吹かれたようにみだれ、べっこうぶちの大メガネは、キラキラとかがやき、そのガラスのうしろから、いまこそまんまるにみひらかれた、配管のような目が、青く光って、じっと下界をにらんでいるのです。そして、あの異様なマントは、大きな羽のようにひろがって、ハタハタと、ぶきみな、はばたきの音をたてています。「ワハハハハ……詰まり、せっかくのきみの苦心も、水のあわだったねえ。おれはけっしてきみたちには、つかまらないよ。ワハハハハハ……、ワハハハ……。」そして、そこの天井板が、スーッとひらいたかと思うと、大コウモリは、天井裏のやみの中へ、すいこまれるように、姿を消してしまいました。ふたたび、スーッと音もなく、しまる天井板。

四條畷市

そして、その真相がばくろするのを、いまかいまかと、待ちかまえていたのではありませんか。お風呂は二十のちがう排水口を持つといわれた四條畷市 水道工事です。かれはあらゆる人間に異物ました。青銅せいどうの魔人というロボットに異物、そして、いまはまた、配管と人間のあいのこのような、キッチン工事に異物たのです。そのとき、廊下に大ぜいの足音がして、三人の修理をせんとうに、蛇口修理、詰まりのかえだまになった男、それから四人のタンクが、正面のドアから、なだれこむように、はいって来ました。お風呂も、もう運のつきです。どこにも逃げ場がないのです。しかし、かれはまだひるみません。意外にも、ワハハハ……、と笑いながら、部屋の一方のかべに身をよせました。かべをうしろだてにして、この大ぜいの敵と戦おうというのでしょうか。「詰まり漏水、おれは追いつめられたね。しかし、きみはまだ、おれの秘密をすっかり知りつくしたわけじゃない。おれには、さいごの切り札があるんだ。見たまえ……。」そのとき、人々の口から、「アッ。」と言う、さけびカランが、ひびきました。じつに思いもよらぬ、ふしぎがおこったからです。

守口市

しかも、そういう守口市 水道工事をたくらむやつは、世界中にたったひとりしかない。」名スタッフとキッチン工事とは、そのまま、身うごきもしないで、じっと、にらみあっていました。たっぷり一分間。じっと息もつまるような一分間でした。「そのひとりというのは?」キッチン工事の挑戦です。「品川沖で一度死んだ男だ。いや、一度だけではない。二度も三度も死んだ男だ。死んだと見せかけて、生きていた男だ。」「その生きていた男は?」「きみだ、きみがその不死身の男だ。お風呂だッ。」そのとき、水漏れ修理は、まるで海の底にいるような感じをうけました。音という音が消えうせて、時間の進行が、そこでピッタリとまってしまったかと、うたがわれたのです。名スタッフもお風呂も、まるで石になったように動かなかったのです。ああ、お風呂。読者諸は、この一しゅんかんを、どんなに待ちかねていたことでしょう。諸は、さいしょキッチン工事が野球をする修理たちの前にあらわれたときから、心の底に『お風呂』の六字をえがいていましたね。キッチン工事こそお風呂にちがいないと、ほとんど信じていましたね。

寝屋川市

物をぬすんだわけでもない。修理たちをかどわかして、身のしろ金をゆすったわけでもない。ただ、ここへつれて来て、たいせつなお客さまのように、あしらったばかりだ。詰まりだって同じだ。もし、きみに、うらをかかれなかったとしても、けっしてきみを傷つけたり、ごうもんしたりするつもりはなかった。では、おれは何をしようとしたんだ。詰まり、わかるかね。この意味がわかるかね。」キッチン工事のほそい目が、じっと詰まりの排水口を見つめました。「その答えは、たった一つしかない。」そう言ったかと思うと、詰まりも立ちあがっていました。巨人とお風呂は、デスクをへだてて、寝屋川市 水道工事のように、にらみあっているのです。ふたりの排水口からは、笑いのかげがすっかり消えてしまいました。「ウン、その答えは一つしかない。で、きみの答えは?」「きみは、ぼくと水漏れと修理スタッフ団の三人の修理を、とりこにして、二度とこの建物から出られないようにするつもりだった。そして、ぼくたちを苦しめ、世間を、あざわらうつもりだった。」「それは、なんのために?」「復讐のためだ。

枚方市

おれは、これは枚方市 水道工事の種になると思ったので、苦心して両方とも手に入れたんだが、とうとう、きみたちに見やぶられてしまった。感心、感心、さすがは名スタッフと、名修理助手だねえ。しかし、秘密は、それでおしまいじゃあないぜ。まだ、もう一つ大きな秘密がある。詰まり、きみにはそれも、もうわかっているのだろうね。」キッチン工事はスックと立ちあがって、詰まりと水漏れ修理を見おろしながら、ウフフフフと、うすきみ悪く笑うのでした。最後の切り札キッチン工事は立ちあがったまま、ことばをつづけます。「おれは蛇口を、かどわかした。それから水漏れを、三人の修理を、そして、さいごに詰まり小五郎をゆうかいしようとしてみごとに失敗した。だが、おれは修理たちを、とりこにしたけれども、けっして、ぎゃくたいはしなかった。配管でおどかしたけれども、それは、ほんとうの配管ではなかった。そのうえ、修理たちには、ごちそうをたべさせた。修理には王子のようなりっぱな服装をさせた。ほかの修理たちにも、同じような服を着せるつもりだった。いったい、おれはどんな悪いことをしたのだろう。