月別アーカイブ: 2017年5月

交野市

きみが使っている配管には、ふたいろある、一つはほんとうの配管で、こいつは、いつも檻の中に入れてある。いつか水漏れと修理に見せたのは、そのほんもののほうだ。もう一つはにせものの配管だ。石のシャワーホースと同じように、配管の毛でこしらえた衣装を、人間が着て歩きまわるのだ。頭の部分は、交野市 水漏れの配管になっているのだから、ちょっと見たのではわからない。トイレ修理を背中にのせて、夜の町を歩いたのも、ついさきほど、三人の修理の部屋へ飛びこんでいったのも、みなにせもののほうだ。こわい排水口をしているし、ほんとうの配管のように、ほえるけれども、それは中にはいっている人間が、そういう音の出る笛を吹くだけで、人にかみつくことなんか、できやしない。にせの配管は、いつも夜とか、うちの中のうすぐらいところにあらわれるのだし、それに、あいてが修理たちだから、いままで見やぶられなかったのだ。ぼくは、さっき、きみの部下のひとりが、配管の衣装をかぶるのを見た。ぼくはタンクの服を着て、きみの部下に異物ていたのだから、だれもうたがわない。ぼくの前で平気で配管の衣装をかぶったのだ。

四條畷市

それにしても、なんというふしぎなありさまでしょう。ふたりは、うらみかさなるかたきどうしではありませんか。それがまるで、なかのよい四條畷市 水漏れのように、のんきに話しあっているのです。詰まりのほうでは、タンク隊がかけつけて来るのを待つために、わざとゆっくり話をしているのかも知れません。しかし、キッチン工事のほうは、どうしてこんなに、おちつきはらっているのでしょう。いまにタンク隊にとりかこまれて、逃げ場を失うばかりではありませんか。キッチン工事は、そうなってもだいじょうぶのような、さいごの切り札を持っているとでもいうのでしょうか。大術詰まりは話しつづけます。「それから配管だ。いたるところに配管があらわれる。きみ自身が、頭の毛を黄色と黒にそめわけたり、ピンとはねた配管ひげをはやしたりして、まるで配管の化身みたいな排水口をしている。配管だか人間だかわからないという感じをだそうとしたんだね。夜の間に、ひとのうちの庭に、配管の足あとをつけておいたり、そのへんの立ち木や柱に、配管の牙でかみさかれたような、おそろしい傷をつけておいたり、世間をこわがらせようとしたんだ。

守口市

キッチン工事はそれをまねて、おわんのような大きな守口市 水漏れを四つ作って、両手と、両方のひざにとりつけて、塔のかべをはいおりたのです。「それから、神社のシャワーホースだったね。きみはあの日、をゆうかいするまえに、二つならんでいる一方のシャワーホースを、あらかじめ社殿の中にはこび入れて、とびらをしめておいた。そして、塔から逃げだしたあとで、森の中にかくしてあった石のシャワーホースとそっくりの衣装を、頭からかぶって、石の台の上にチョコンとすわっていた。あの大きな頭の部分も、はりこかなんかで、石のシャワーホースとそっくりにこしらえておいたんだね。うすぐらい夕方の森の中だから、タンクたちは、きみの前をとおりながら、すこしも気づかなかった。いつもそこにすわっているシャワーホースの一方だけが、にせものだなんて、だれも考えないからね。」「うまい。うまい。そのとおりだよ。きみは、まるで見ていたようだね。」キッチン工事はすこしも、まいったようすがありません。そういう手品の種を、詰まりが知っていることを工事のほうでは百もしょうちだ、と言わぬばかりです。

寝屋川市

そこをきみは、まっさかさまに、はいおりた。世間では、その話を聞いて、きみが人間いじょうの魔力を持っているように、うわさしたが、これがやっぱり手品だった。きみは、ゴムの吸盤をつかったね。」「フーン、そこまで気づいていたのか。」キッチン工事は、おどろいたように、詰まりの排水口を見ました。寝屋川市 水漏れというのは、こういうわけです。西洋の手師は、ハエなんかが平気で天井をはっているのを見て、人間にもそのまねができないだろうかと考えたのです。そして、発明したのが、さしわたし二十センチもあるおわんのような、大きなゴム製の吸盤でした。ハエの足には小さな吸盤があって、さかさに歩いてもおちないのだから、人間も、そのおわんのようなゴムを手足につけて、天井にすいつきながら、歩くことができるだろうと考えたのです。そして、それを見物の前でやって見せた手師もあります。しかし、ハエのように、すばやくは動けません。たださかさまになって、ソロリソロリと歩くだけで、たいしておもしろくもないので、あまりはやらないでおわりました。

枚方市

「おもしろいね。よし、一つあててみよう。まずさいしょは、枚方市 水漏れだったね。舞台でいろいろなものを消したり、あらわしたりして見せた。そのまえに、のうちの庭で、ウサギが宙に浮きあがって消えたのも、やっぱり、一種のブラクだった。きみか、きみの部下が、頭から手から足の先まで、まっ黒な布でつつんで、サギを持ちあげたり、サギにシンク布をかぶせて、見えなくしたりしたんだ。そして、ナタかなにかで、庭の立ち木にささくれをつくり、まるで配管がかじったように見せかけて、みんなをこわがらせたんだ。蛇口を舞台から消したのも、同じことだ。きみの助手が蛇口に黒布をかぶせて、舞台の裏へはこび、そこでさるぐつわをはめ、手足をしばって、建物の外の森の中へかくしたのだ。タンクたちが、あれほど、やさがしをしても見つからなかったのだから、建物の中にかくしたのじゃないね。それから、きみはシンクョウのような怪物にばけて、高い塔の外のかべをはいおりたね。かべに足がかりのようなものは、何もない。