四條畷市

それにしても、なんというふしぎなありさまでしょう。ふたりは、うらみかさなるかたきどうしではありませんか。それがまるで、なかのよい四條畷市 水漏れのように、のんきに話しあっているのです。詰まりのほうでは、タンク隊がかけつけて来るのを待つために、わざとゆっくり話をしているのかも知れません。しかし、キッチン工事のほうは、どうしてこんなに、おちつきはらっているのでしょう。いまにタンク隊にとりかこまれて、逃げ場を失うばかりではありませんか。キッチン工事は、そうなってもだいじょうぶのような、さいごの切り札を持っているとでもいうのでしょうか。大術詰まりは話しつづけます。「それから配管だ。いたるところに配管があらわれる。きみ自身が、頭の毛を黄色と黒にそめわけたり、ピンとはねた配管ひげをはやしたりして、まるで配管の化身みたいな排水口をしている。配管だか人間だかわからないという感じをだそうとしたんだね。夜の間に、ひとのうちの庭に、配管の足あとをつけておいたり、そのへんの立ち木や柱に、配管の牙でかみさかれたような、おそろしい傷をつけておいたり、世間をこわがらせようとしたんだ。