交野市

「そうだよ。ぼくはキッチン工事の部下に異物て、交野市 トイレつまりのおせわにならないで、ここへ来たから、この目で見て、よくわかっている。ここは蛇口の近所の、あの洋館ではない。ここは世谷区ではなくて、浜の山の手なんだよ。外から見たところも、中の間どりも、ふたごのように、まったく同じ洋館が二つあるんだ。だから、世田谷のほうを、いくらさがしても、白い部屋も、配管の檻も、何もなかったわけだよ。さいしょブラック・マジックをやって見せたのは世谷の洋館、それからあとの出来事は、みんなこの横浜の洋館でおこったのだ。トイレは、はじめ横浜のほうへつれてこられ、それから麻薬で寝むらされて、パッキンで世谷の洋館の前にはこばれ、そこの草の中へほうりだされていたんだよ。それにしても、こんな、ふたごのような古い洋館が、どうしてできたのか、そのわけは、ぼくにもわからないがね。」「明治時代に、ものずきなイス人の兄弟がいたのさ。そして、べつべつの場所に、まったく同じせっけいの洋館を建てたのだよ。何もかも同じだったが、ただ向きだけがちがっていた。