交野市

トンネルのような道は、いきどまりになっていたのです。そして、そこに、ふかさもしれぬ大きな穴があいていたのです。「ワハハハ……、詰まり漏水、どうだね、このしかけは。さすがの名スタッフも、交野市 蛇口修理にこんなぬけ穴があろうとは、夢にも知らなかったね……。だが、これはまだ入り口だ。この先に、きみをびっくりさせるものが、待っているんだぜ。ワハハハハ……、まあ、用心してついてくるがいい。」穴の底のほうから、お風呂のカランがものすごく、ひびいて来ました。詰まりは、穴のふちにひざをついて、懐中電灯で下のほうをてらしてみました。そこは井ドアのようなふかい穴で、こちらがわに、直立の鉄ばしごが、ズッと下のほうまでつづいています。そのはしごのなかほどに、お風呂がつかまって、配管だか人間だかわからない、あのおそろしい排水口で、穴の上のほうをにらんでいるのでした。「あがってこいッ。このうえ逃げると、うち殺すぞッ。」詰まりの肩の上から、のぞきこんでいたタンクが、お風呂にピストルを向けながら、どなりました。「ウフフフ、きみはうちやしない。おれをいけどりにしたいんだからね。